50歳前後のアラフィフ男性というのは、残り人生が後どのくらいなのかと考え始めるような時期なだけであって、かなり落ち着いた渋みが出ている方が多いですよね。

それでは、この年代の男性の心理の特徴とはどんなものなのでしょうか。

また、アラフィフで独身の人の恋愛・結婚観とは如何なるものなのか・・・。について取り上げました。

 

 

アラフィフ男性の心理の特徴

達観した考えをする人が多い

やはりさすが50歳近辺まで生きてきただけあって、普通のアラフィフの男性は若い世代よりも深い洞察力があります。これはつまり、若い世代が考えることよりも一枚上手の考え方ができるということです。

たとえば若気の至りというのは多くの人が若い頃にやってしまう馬鹿な行為ですが、やっている本人は別に馬鹿なことだと思っていません。

また、若いときは「ポジティブになる」ことにはメリットしかないと思っていたのが、実は意外とそうとも限らないという事実に気付いたりします。

もちろんその気付きの深さは完全に人に依るので一概には言えませんが、同じ人であった場合、間違いなく年齢を重ねた方があらゆる物事に対しての理解の深みは増します。

その結果、達観している人も当然多くなります。

ポジティブ思考な人の心理(考え方の特徴)6選

 

若い人には負けたくないという気持ちが強い

アラフィフ男性は、10代や20代といった年代には絶対に負けたくないという気持ちを強く抱いている人が多いです。

これは要するに、自分の方が長く生きてきたために、人生の中でよりたくさんの経験を積んできているわけだから、若い世代に出し抜かれるわけにはいかないという心理です。

ただし、この「負けたくない」という気持ちの対象となる要素というものがあります。

たとえば肉体的な強さであったり、学歴や学校で習う知識等の場合は、別に社会的に重視されているものではなく、本人も拘りをあまり持っていないので気にしません。

その一方で、職場での人間関係の構築の上手さであったり、営業の能力等の仕事の実力であったり、達観の度合等に対してはかなり敏感です。

これは、自分が人生の中で様々な経験をしてきた結果として身に付けてきた、人間関係のノウハウであったり悟りや心の成長を若造にそんなにあっさり越されてしまったら、自分の人生そのものに対して虚しい気持ちになってしてしまうからです。

 

なかなかミスを素直に認めない

人ですので、いくら慣れていても時には失敗することもあるでしょう。

しかしアラフィフ男性はプライドの高さが故に素直にミスを認めにくい傾向が見られます。

とはいえいつまでも責任を放棄する訳には行きませんので、追い込まれると苦肉の策に「〇〇歳になるとやっぱりダメだな〜」と年齢を言い訳に持ち出します。

 

自信過剰になって頭が固くなっている

アラフィフ男性は得てして、自分のことを「無くてはならない存在」「他の人と俺は違う」と考えているように、自信家な心理を持ち合わせています。

この理由は、やはり会社の中心人物として高い地位で仕事を回している方が多いためです。

しかしながらこの考えが行き過ぎた結果、他人を顎で使ったり、中には選ばれた人間だと自身を過剰評価する方もいます。

 

密かな夢を抱いている

アラフィフ男性は得てして、「世界一周旅行を行いたい」「バイクを買って仲間とツーリングしてみたい」というように密かな夢を抱いています。

これは人生も終盤に差し掛かりつつあり、かつもうすぐ定年であるためです。

「これをやってみたい」

という気持ちがありながらも、社会人になるとなかなかまとまった時間が取れないために実現できないことがたくさんあります。

アラフィフくらいになると、いよいよ自由になれるときが近づいてくるので、そういったまとまった時間が必要な夢が現実味を帯びてくるので、より意識を強く持つようになるのです。

若い頃も夢はありますが、多くの場合はまだ人生先が長いことから、そこまで真剣に考えません。

さらに社会人として余裕がないこともあり、結局実現させることなくズルズルと歳を重ねていってしまいます。

そしていよいよ人生のゴールが見えてきたときに、「生きている間に・・・」といったように真剣な夢を持つようになるのです。

 

時に落ち込む日があっても明るい夢があるからこそ、頑張ろうと自分を再度やる気に満ち溢れさせることが可能です。

少年の心を思い出させるような、非常に純粋な夢であることも多いでしょう。

しかし誰かに伝えたら馬鹿にされそうと、決して打ち明けようとしない面も。アラフィフの女性よりも無垢な気持ちをたずさわえています。

 

 

アラフィフの独身男性の恋愛・結婚観

自分にふさわしい女性がいないと嘆いている

世の中に素敵な女性は存在しないというように、理想が非常に高いタイプのアラフィフ独身男性です。

このタイプの男性は、ほとんどの場合において異性視点から見た自分の客観的な魅力以上の女性を求めています。

つまり、自分はそれほどモテもしないのに、みんなからちやほやされるような人気な女性を求めたりするのです。そのため、大概は恋愛経験も少ないです。

にも拘わらず、「出会いがなかった」「良い人がいなかった」などと、自分ではなくて運であったり女性が悪いというような考え方をしている人もいます。

しかしそこは決して妥協のできないタイプであるにもかかわらず、かと言って必死になって努力をするわけでもないので、そのままズルズルと歳を重ねてしまった、というタイプになります。

 

結婚は悪、不自由と感じている

結婚はメリットよりもデメリットの方が大きい、だからしないと考えているタイプのアラフィフ独身男性です。

このタイプの方は、得てして結婚に対して良いイメージを持っていなかったり、過去に女性関連で苦労した経験があります。

結婚生活がどんなものなのか友人の話や世間的な情報から、怖気づいています。

しかしながらこの年齢になると、自身このまま独身として孤独に生涯を終えていくことに対して寂しさや危機感を感じ始めます。

ですから、「誰か良い人がいたら」と逆に結婚に対して前向きになる気持ちもありますが、それと同時に今更感も感じていて、結局はなかなか踏み出せずにまた歳を重ねていくことが多いです。

ただし恋愛には前向きで、彼女は普通にいたりします。

孤独が好きな人の心理的特徴と恋愛の対処法10選

 

一人が大好きで人といるより楽しい

誰かと一緒に暮らすよりも、一人の方が良いというタイプのアラフィフ独身男性です。

別に結婚生活も悪くないかも知れない、という気持ちもあるのですが、それよりも一人でいる時間の方が大好きで、わざわざ結婚をしたくないのです。

このタイプの人は自由が大好きで、一人でする趣味を心から楽しめる人で、寂しいと思う気持ちも非常に少ないのが特徴です。

価値観に囚われない、非常に精神的にも自由な人と言えるでしょう。

ただし、自分の自由を認めてくれて、かつタイプの女性に出会えば結婚を考える場合もあります。

普通に彼女を作る分には、あまり抵抗がない人です。

 

女性が苦手で避けてしまう

女性が極端に苦手で、いつも避けて生きてきた結果、アラフィフになっても独身という状態になってしまったタイプです。

誰かとお付き合いはしたいものの、女性の前では緊張してしまってなかなか話せません。

このタイプの方の多くは、ある一定の距離を置いた状態だと自然に話せるのですが、距離を縮めようとすると意識してしまい、途端に頭が真っ白になってどうしていいのかわからなくなるのです。

そのため、仕事で関係する女性と仕事の話だけをしている分には意外と大丈夫だったりします。

このタイプの方は、得てしてそれほど容姿に自信がなかったり、人生でほとんどモテたり付き合ったりしたことがない、あるいは過去に恋愛ですごく傷付いた経験のある方であったりします。

ただし、このような方は女性が積極的に来てくれれば戸惑いつつも内心喜びますし、さらに相手さえ出来れば非常に大切にしますので、幸せな結婚生活を送りやすいです。

ですから、テンパっている姿を見て引くのではなく、「それでもあなたが好き」という気持ちで接したら高い確率で成功するでしょう。

 

まとめ

アラフィフ男性は、長く生きてきた分、当然知識や経験が豊富で社会や世の中に対しての理解もあり、達観している人が多い一方で、だからこそ年端もいかない若造には負けたくない・自信過剰という心理を抱いています。

アラフィフ独身男性の恋愛・結婚観については様々なタイプがいますが、やはりその歳まで独身で貫いてきている、あるいは離婚をしてそのまま独身でいる方というのは、結婚に対してあまり乗り気でない人が多いです。

たとえ気はあっても、今の生活でずっとやってきているので、その環境に慣れ過ぎた結果、今更その生活を変えたくないという気持ちになってしまっています。

ただでさえ人間は一般的に歳を重ねるほど変化を嫌うようになるので、結局は独身のまま人生を終えていく人も少なくありません。

ですが、もちろんそれも一つの生き方であり、良いも悪いもありません。

自分が残りの人生を楽しめたら、それが正解なのではないでしょうか。