対等以上の立場になると、何故か偉そうな態度を取って威張る人というのがいます。

彼らの心の中は一体どうなっているのでしょうか。

また、身近にそのような人がいる場合、どのように対応したら良いのでしょうか。

本記事では、偉そうな態度で威張る人の心理の特徴と、そんな上司や彼氏に対する対処法をまとめました。

 

 

偉そうな態度で威張る人の心理の特徴

注目を集めたい

周囲の人の注目を集めたいが、何も行動を起こさなければ存在感を出すことができない、という心理から偉そうな態度を取っているタイプです。

プライドが高く寂しがり屋で、「みんなから相手にされない」「軽視されている」という状況が大嫌いです。

しかし普通にしていても特に突出したものがないために、偉そうに威張った態度を取ることで注目を集めようとするのです。

 

立場が上だから偉そうにすべきという価値観

立場が上であれば、その人物は偉そうな態度を取るべきだという価値観を持っているタイプです。

この心理タイプの人は悪気が特にあるわけではなく、もともとそういうものだと思っているので、逆に自分がされた場合は別に気にしません。

その代わり、だからこそ立場が上の人は絶対だと考えているので、何とかして自分が上の立場になろうと出世・昇給をしようと必死になるところがあります。

 

自分に自信を持ちたい

自信がないために、偉そうな態度を取ることで自分は大した人間だと思いたいという心理を抱いているタイプです。

このタイプの人は、相手に自分の方が負けている・下であるという気持ちを感じさせたいと思っていて、得てして誰かを馬鹿にしたり、見下したりという行動を取りがちです。

偉そうな態度を取ったり、人を落としたりすることでとにかく自分自身が存在として上であることを認識したいのです。

≪関連≫態度がでかい後輩や部下、新人の心理の特徴と治し方

 

思い通りに他人を動かしたいから

自分に従わせたいという強い願望から偉そうな態度を取っているタイプです。

偉そうな態度を取れば相手に上下関係をはっきりと認識させることができるので、自分の言うことを聞かせることができるだろうという考えがあります。

この心理タイプで威張った態度を取っている人は、明らかに下の立場の相手に対してだけでなく、同等かどうか微妙な立場の相手に対しても偉そうにします。

 

 

偉そうな態度で威張る上司の対処法

上司の良いところを探す

上司の偉そうな態度にいくら腹を立てたところで、上司であるという事実は変わりません。

であれば、なるべく接する際にストレスを溜めないようにした方が良いでしょう。

そのために、上司の良いところを探して尊敬するという方法があります。

確かに、上の立場だからと言って威張るのはあまり良いところではありませんが、それ以外に凄いと思えたり、さすがキャリアを積んでいるだけあると感じるところは間違いなくあるはずです。

その点に注目することで、偉そうな態度を取る部分にそれほど腹は立たなくなるでしょう。

 

同情や応援の気持ちを持つ

しかし本当にダメダメなのに部下だからという理由だけで偉そうな態度を取っている上司の場合は、尊敬するのが非常に難しいケースもあります。

その場合は、「能力がないけどこの人も一生懸命頑張っているだな」と、同情や応援の気持ちを持つようにすると良いです。

能力が低いということはその分社会でやっていくのも大変なわけで、抱えるストレスも半端ではないはずです。その視点で考えれば、偉そうな態度を取られてもそこまで腹が立たなくなると思います。

 

ちなみに心の中で見下す場合、その見下す気持ちはたとえ表面上こびへつらって隠しているつもりでも態度のどこかに現れ、しかも相手はそれを無意識に察します。

その結果、「何か好かないなこいつ」と嫌われてしまう可能性が高いので、やめた方が良いでしょう。

逆に尊敬したり応援したい等の心理を抱いていると、それが態度のどこかにも現れてそれを上司が無意識に察するので、上司から圧倒的に好かれやすくなります。

 

他の人も不快に感じていると考える

自分が偉そうだと思う相手というのは、大概は自分だけでなく他の部下や自分よりも立場の人に対して偉そうな態度を取っています。

ですから、他の人からも同じように思われていると考えて、自分一人だけではないと考えると気持ちも楽になるでしょう。

そうではなく自分だけがターゲットのようになっている場合、1、2番目に挙げたような対処法を取るか、なるべくターゲットにならないように振る舞うことをお勧めします。

ちなみにいじられキャラであったり、周囲に軽視されるタイプの人はターゲットにされやすいです。

 

他の尊敬できる上司や社員に相談する

他に尊敬できる上司や社員がいる場合、相談すると良いです。

ただし、ストレートに「あの上司が偉そうな態度で困っている」という言い方では角が立ちますし自分の印象も下げるので、論点をずらして相談を行う必要があります。

「〇〇さんはどんな風に相性が合わない方と接していますか?」というように、核心に触れず話を進めて行きます。

場合によっては、相手は「あの人の話をしているんだろうな」と気がついてくれます。そして、的確に動き回る為のアドバイスをくれたり、場合によっては直々に偉そうな上司にやんわりと注意してくれるかも知れません。

仮にそうならなかったとしても、参考になる意見が聞けますしデメリットはありません。

 

偉そうな態度で威張る彼氏の対処法

偉そうな態度が問題であることを指摘する

男性が自分の彼女に対して偉そうな態度を取るのは、「男性は女性に対して偉そうにするのが普通」という価値観を持っていることが非常に多いです。

その場合、どこかで勝手に思い込んでいて深く考えていないことがあるので、「男が女に偉そうにするのは全然カッコ良くないよ」「今の時代はそういう価値観はないよ」という感じで指摘してみると、意外と普通に治ったりします。

ただし見下しの気持ちから来ている場合は性格上に問題がある可能性が高いので、交際を続けるかどうか自体をよく考えた方が良いかも知れません。

 

「凄い」と嫌味にならない程度に持ち上げる

心理の項でも挙げたように、誰かに偉そうにするとそれによって自信を得ることができるので気分が良くなります。

ですから、彼氏に偉そうにすることを許し、さらに持ち上げていると彼女を大切に想う気持ちも大きくなり、外食に行く際に必ず奢ってくれるようになったり、高価なプレゼントがもらえたりするようになる可能性があります。

ただし調子に乗るタイプであった場合、どんどんエスカレートして図々しくなるだけなので、その辺りはしっかり見極めるようにしましょう。

 

まとめ

偉そうな態度で威張る人の心理の特徴は、「価値観」「注目を集めたい」「自信を得たい」「言うことを聞かせたい」等があります。

上司の対処法としては、「尊敬」「同情」「応援」等の上司を前向きに受け止める対応が効果を発揮します。偉そうな態度をやめてもらえる効果だけではなく、好かれて仕事がやりやすくなるので必ず意識して頂きたい方法です。

彼氏の対処法については、別に自分のしっかりとした考えに基いているのではなく、基本的にただの思い込みや勘違いであるケースが多いので、ストレートに「迷惑」だとか「そういうのダサいよ」とかそういう指摘をしたら多くの場合は大丈夫です。

ただ偉そうな態度で気を良くするという視点もあるので、もし彼氏がそういうタイプであるのであれば、そのまま威張らしておくのも一つの手です。