頭の回転が速く、無駄な行動は極力したくないと感じる合理主義者

話していて面白いギャグが出てくることはなかなかありませんが、説得力があり信頼できる人です。

そんな彼らの心の中は、一体どんなものなのでしょうか。

また、どのように関われば円滑に関係を築いていくことが出来るのでしょうか。

本記事では、合理主義者の心理の特徴と仕事や恋愛における対処法について取り上げました。

 

心理の特徴

行き当たりばったりの行動は苦手

合理主義者は

「あそこに美味しそうなケーキ屋がある」「やっぱりこっちに行かない?」

というように、臨機応変な行動は苦手です。旅行に行こうものなら、一から計画を立てないと気が済みません。

行き当たりばったりの行動はペースを乱されるのと一緒。気持ちが荒立ってしまうのです。

なので、待ち合わせに遅れる人。無意識に他人を振り回してしまう人は苦手だと感じます。スケジュール管理も得意で、常に携帯して次の予定のことを考えています。

また、寝る前には明日は何々があるというようにシミュレーションも忘れません。

 

自分の心の内を表に出すことはない

感動する映画を見ても涙に出すことはなく、自分の心の中で処理を終えてしまいます。また、感情表現が苦手で、何考えているんだろうと思われることも少なくはありません。

あれやこれや思考は巡ってはいるのですが、表に出すことが苦手、また、恥ずかしいと感じているのです。

本当に親しく、心を許した相手以外には心の内をさらけ出すことはありません。なので、気持ちを話してくれたということは、それだけ距離も縮まったと受け取れます。

 

安心を得てから初めて行動に移す

合理主義者は不安感がまだ残っているようでは、決して行動に移そうとは考えません。ほぼ100%に近い安心感を得てからではないと、自分の中のOKサインが出ないのです。

慎重派なので、時にはタイミングを逃してしまうこともしばしば。突拍子もない行動は自分には不向きだと思い込んでいます。安心するということが何よりも好きで、リスキーなことが出来る人を、尊敬した眼差しで見るのです。

 

 

仕事での対処法

途中で予定を変えたり、振り回し過ぎない

ほぼ予定が固まっているのに「こういう提案もあるんだけどどう?」と茶々を入れたり、気持ちをかき乱すような行動は控えましょう。合理主義者の方は混乱したり、自分のペースを保てなくなります。

また、最悪の場合予定をキャンセルするなど、今までの計画がなかったことになりかねません。新たな風を吹き込むよりも、同じ繰り返し、安心出来る選択の方を好むのです。

 

少人数で遊ぶようにする

合理主義者にとって、大人数で何処かに遊びにいくというような提案はキャパオーバーになってしまいます。出来る限り少人数、可能なら二人で遊ぶというように人数を減らしましょう。

また、大人数での行動はまとまりがなく臨機応変な行動になりがちです。ノリを求める人がいれば、それだけでイライラとした感情が生まれてしまいます。少人数でも十分に楽しむことが出来るのが合理主義の特徴です。

 

全て予定を決めた上でこれで良いか問いかける

譲れない予定があるのなら、全てはめ込んだ上で、これでどうか聞きましょう。

後出しになってしまえば「なんで最初に言ってくれなかったんだ」と心をかき乱すことになります。遠慮せずしたいことを先に伝え、了承を得る形を取るといざこざに発展することもありません。

全て合理主義者の方に丸投げして、その提案を全て拒否する形を取るのもやめましょう。悪いからと後で意見を付け足すようでは、そちらの方が合理主義者の方にとっては苦しみになります。

 

恋愛での対処法(付き合い方)

「大好きと言って」と強要したり、困らせない

合理主義者はロマンチックな言葉は常日頃言いません。

それは彼らにとってここぞという時に言うものであり、時には相手に寂しい気持ちを抱かせてしまうこともあるでしょう。言葉に出してくれなきゃわからない人は、大好きと言う言葉を強要させがちです。

そのような行動を推されてしまうと、合理主義者の方は困ってしまいます。

また、負の感情を抱けばそこから亀裂が入ってしまう場合も。愛の言葉を囁かないから嫌いということでは無いので、安心して下さい。

 

外デートよりもおうちデート

人混み、イベント、お祭りというように人が連なる場所に行くよりも、まったり過ごせるおうちデートを好みます。なので、アウトドア気質な方であれば価値観の違いが生じるでしょう。

合理主義者の方は、人混みが苦手ということを事前に把握しておくに限ります。

また、おうちデートであってもゲームをする。映画を見る。料理の作り合い。と様々な選択があるので、少し工夫を加えるだけで、いつもと同じデート内容になることもありません。

どうしても人が多い場所に行きたいなら、なるべくみんなとは違うルートを選ぶと人と過剰にすれ違うことも無いです。

 

自分の友達に必要以上に会わせない

恋人が出来たら自分の友達にも見て欲しい、紹介したいと感じるものです。

ですが合理主義者はそのような行動が苦手で、どちらかといえば二人で過ごしたいと感じます。なので、やたらめったら紹介せず、ここぞという時だけに抑えておきましょう。

また、「付き合いが悪い」と冷たい言葉を投げかけてもいけません。

プライドが傷つき、付き合っているという事実にプレッシャーを感じてしまう場合もあります。その一言だけで別れを意識してしまうケースもあるので、気持ちを尊重した行動を心がけていきましょう。

 

まとめ

合理主義者の方は真面目で仕事が出来る人も多いですが、自分の気持ちをさらけ出すことが苦手なので、掴みにくい人だと思われてしまうことも。

特に女性の場合、多く男性は自分よりも有能な女性が嫌いなので、あまりモテなくなってしまう可能性があります。

また、安心してからでないと行動に移さないので、恋愛面では少々不器用な点が見られます。

それでも芯はしっかりしていて、いざという時に頼りになる逞しい人でもあるので、付き合う方は安定という意味での幸せは手に入るでしょう。

外に出たり、たくさんの人と会うことが苦手なので、どちらかというとインドア気質です。

無理に外に連れ出したり、様々な人と関わらせようとするとストレスになってしまうので気をつけましょう。時には冷たいという一面を垣間見てしまうこともありますが、それがデフォルトという事実を忘れないようにすると関係も良好です。

 

もちろん例外もありますが、合理主義者にはだいたいここで挙げたような特徴が当て嵌まります。

「この人理屈っぽいな・・・」

「いつも合理的だな」

感じた相手がいたら、参考にしてみてください。