グレー(灰色)と言えば、やや地味ではありますが落ち着いたカッコ良さのある色でもありますね。

グレーの服はファッションとしては合わせやすい色の部類になりますが、この色の服が好きでよく着る方の心理、性格の特徴とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

 

グレー(灰色)の服が好きな人の心理の特徴

控えめに見られたい・目立ちたくない

グレー及び灰色には穏やかな印象を受ける心理効果が含まれています。

ですので、前へガツガツと出るよりも、一歩引いたところから何事も見ていたいと思っている、大人しいタイプの方が選びやすい色なのです。目立ちたくない。また、自分に意識を集中させたくないのです。

逆に普段積極的な人がグレーの服を好んで着だしたら、イメージチェンジを行おうと考えている可能性があります。

 

上品さ・オシャレを求めている

グレー及び灰色は控えめな印象と同時に、高貴、エレガントといった上品さを感じる心理効果も含まれています。なので安価な服でも、値段以上に高く見せることができます。

気軽に「価値を高めたい」「素敵な人と思われたい」と感じた時こそ選びやすい色でしょう。

また、グレーの服はオシャレに見えやすく、かつどんなファッションにも合わせやすいので、無意識のうちに好んで着ている方も多いです。

「よく見られたいけど、どの服を選んだらいいかわからない」と切羽詰まった時に、つい手を伸ばしてしまうのです。

 

ちなみにこちらの色も上品に見られますが、性質が全く違う着こなしが難しい色です。

紫色好きで紫の服をよく着る人の心理と性格の特徴8選

 

良い人と思われたい

信用出来る」「優しいそうな人」「良い人」と感じられる心理効果も、グレー及び灰色には含まれています。

落ち着いていて、発言にも嘘がない。的確さを感じます。

グレーの服は確かに華やかな方ではなくどちらかと言うと地味ではありますが、そこが更に「良い人」という印象を際立たせているのです。

ただし本人の性格がもともと控えめだと、良い人を通り越して少しナメられた印象も受けやすかったりするので、そこは注意しましょう。

 

クールに見られやすい

グレー・灰色はかっこいい・クールというように、控えめな中に芯の強さを感じさせる特徴があります。

なのでグレーの服が好きでよく着る方は、男性であればより男らしく、女性であれば大人しさを欲しています。

ただしファッションとしてうまく着こなせなかったり、あるいは元のキャラが暗過ぎたり天然だとそのかっこいいクールな部分が出せず、ただの地味な寡黙な人になってしまうので要注意です。

 

 

グレー(灰色)の服が好きな人の性格の特徴

前へ前へ出ず陰で支えるタイプ

グレー及び灰色の服が好きでよく着ている人は、基本的にお調子者というわけではなく、一歩引いてその方達を見るというように大人しい性格です。

「(何か)やってみてよ」と話を振られても断られたりするので、ノリが悪いと周囲をがっかりさせてしまうこともあります。

ですがパーティー等の催しの際には企画立案や設備の準備等、影では存在感を発揮していたりします。

劇をやるなら脇役、それか裏方というように目立つ役は選びません。

 

思慮深くて優柔不断

グレー・灰色の服が好きでよく着る人の多くは思慮深く慎重な性格のタイプでもあります。

たとえば普通の人が10分で答えを出すところを、30分くらい掛けてじっくり考えて、より質の高い答えを出したいと考えます。

ただし、それは裏返すと優柔不断なタイプとも取れます。

外食に行った時でもパッと食べたいメニューが決まらない等、どうでも良いことでも真剣に悩んでしまって決められないことも。

その結果、気が短い方といればイライラさせてしまうこともあるでしょう。

また、恋愛面でも自分から告白出来ない等、相手の出方をひたすら見てしまうところがあるので、折角のチャンスを逃してしまうことも多かったりします。

奥手男子が好き避けする心理、脈ありの行動とラインの特徴

 

慎重派で人を信用しにくい

人見知りしやすく、直ぐに心を開かせることが出来ないのも、グレー・灰色の服が好きな人の性格のタイプになります。

「実は何か裏があるんじゃないか」と人と話していて思うことが多く、少しでも引っかかる部分があれば、なるべくその人と関わらないようにする一面もあります。

用心深い慎重派なので詐欺に騙されるということは滅多にありませんが、信頼できる友達が少ないのは玉に瑕です。

ですが心を許した友人が出来ればとことん信用する部分があるので、関係的には狭く深くを好みます。

 

冷静だがナイーブで繊細なところも

グレー・灰色好きな人の多くは冷静で、いざというときにもあまり焦らない性格の特徴を持ちます。

咄嗟の決断力こそ弱いものの、時間的にせかされるような状況でさえなければ安心して任せることができるでしょう。

ただしその一方でナイーブで繊細な一面も持ち合わせていて、一度気にし出すと止まらず、誰かから言われた一言をいつまでも覚えているというような、心の傷が癒えにくいタイプでもあります。

また面倒が嫌いで大胆な行動を好まず、ひっそり生きたいとも考えています。

たとえば、友達と好きな人が被ったという場合には迷わず自分が引き下がります。

 

まとめ

グレー(灰色)は控え目・落ち着き・クール・良い人のような心理的イメージなので、こういった印象を与えたいか、もしくは自分がこれらのような特徴を必要だと感じている人にはグレーの服は好まれやすいです。

ただ一つ間違えると自然と地味で陰湿なキャラ的立ち位置になってしまったり、気付いたら裏方に回されていたりするので、もし自分があまりしっかりしてない・積極的なタイプではないと思うなら、着る際には十分に注意しなければなりません。

もしそういったキャラ扱いされても別に構わない、問題ないと考えるのであれば良いのですが、これではかっこいい人としては認識されず男性であればなかなかモテないので、普通は望まないでしょうからね。