褒めるという行いは、人間社会を生きていく上で非常に重要なカギとなる可能性を秘めています。

相手にとってプラスになるばかりでなく、自分にとっても大きな意味を持ってくるからです。

ここでは、この褒める行為について心理的意味と効果というテーマをまとめました。

 

「褒める」行為における条件

褒める行為は、正しく実行されれば自分にとっても相手にとっても非常に良い効果をもたらします。

ですがその前に、本当の意味での「褒める」の効果を生み出すためにはある条件があります。

褒めるポイントとタイミングを間違えると、逆効果になり兼ねません。

いい加減な人

だとか、

都合の良い人

という印象になったり、さらには

下心がある人

という印象にもなってしまいます。

そういう意味では、「褒める」という行為そのものはリスクを伴うのも事実なのです。

 

ですから、褒めるに当たっては

  • 的確さ
  • さりげなさ
  • 下心のなさ
  • 相手を喜ばしたいという気持ち
  • 相手のためを思う気持ち

があることが条件となってくるのです。

これらが揃って初めて、「褒めることの効果」について語ることができます。

その上で一番大切なのは「思いやりがあるかどうか」ではないでしょうか。

思いやりがないと、なかなかこれらすべてを満たす褒め方はできないのかなと思います。

 

褒めるの相手に与える心理的効果

正しく褒められると、その人は確実にさらに元気になります。

精神の安定と幸せな気分にさせる効果のあるドーパミンと呼ばれる脳内物質が分泌されるからです。

元気になればやる気も出てきますし、心にも余裕を持てるようになります。

もしその相手が自分の子供であったり、部下であったりした場合はより成果も出せるようになることでしょう。

ですから、相手にとっては確実にプラスになるのです。

そしてその相手は、自分を元気にしてくれた人を基本的には嫌いになりません。

もちろんそれ以外で落ち度があればわかりませんが、少なくとも好感度はぐんとアップします。

ただし正しく褒められていないと、逆に己惚れたり、調子に乗ったりしてしまう可能性があります。

その場合は出せる成果が悪くなる可能性が高いですから、そこは人を褒めるに当たっての注意事項の一つではあります。

 

ちなみにアドラー心理学では褒めることは上から目線であり、相手の自立心を奪う行為だから良くない、するなら感謝だと言われています。

自立心を奪うのは相手のためではないので、これも一つの正しくない褒め方の例として挙げられると思うのですが、そもそもこれは相手が何かを成し遂げた際であって、たとえば見た目や過去の実績を褒めるのとは違うので別に神経質にならなくても大丈夫です。

 

褒めることによる自分の脳への好作用

褒めることによる好作用は、何も相手のやる気を引き出して元気を与えること、そしてその結果として自分の評価が高まることだけではありません。

自分自身の脳にも良い影響を与えるのです。

実は人間の脳というのは、それがたとえ人に対して口にする言葉であってもまるで自分が言われているかのような反応をするのです。

つまり、言葉の対象が人か自分か区別をしていないのです。

ですから人を褒めた場合、事実上その褒めた内容を自分も褒められたことになります。

それが深層心理における自尊心に繋がっていくのです。

ちなみにこれは言葉に限らず、思考にしてもそうです。

人を馬鹿にしてばかりいる人は、自分のことも馬鹿にしていると脳は受け止めていますから、それで自尊心を持つことは理屈上矛盾するため、不可能なのです。

 

ただし、しつこいようですが正しく褒めることが条件となりますので、その条件だけはしっかりと抑えることを考えてください。

もちろんそうなると褒める行為がなかなか難しいものになってくるかも知れません。

が、その根底にあるのは「思いやり」ですから、思いやりのある褒め方とはどのような褒め方なのか、ということを基準にして考えれば、自ずとどういうタイミングでどのように褒めるべきなのか、そして正しい褒め方とはどんな褒め方なのかが見えてくるのではないかと思います。