二人でいるときはすごく親しくしているのに、大勢の前では何故か偉そうな態度に変わる。

こんな経験がある方は少なくないのではないでしょうか。

そんなとき、なぜこの人はこんなに二人きりのときと他に人がいる前とでは自分に対しての接し方が変わるんだろうと、疑問に思うのと同時に人間性を疑いたくなるのではないかと思います。

ここでは、二人きりだと大勢の前と態度が変わる男性心理・女性心理と対処法について、女性側の目線からまとめました。

 

大勢の前で態度が変わる男性心理

男性は自分を大きく見せたいと考えている人が多いです。

ですから、大勢の前では意地悪な発言を行い笑いを取るようであっても、決して嫌いだから行っているとは限りません。むしろあなたに対するアピールであることも考えられます。

特に二人きりでは優しければ優しいほど、その可能性はぐっと高くなります。

大勢の前で何か目立とうとはやる気持ちから、弄ったような発言しか出来なくなってしまうのです。

自分としては、魅力的な自分をアピールすることができてるつもりだったりします。

ですがこの方法は大きなリスクを伴います。相手が心理に気付いた場合は可愛いと思ってもらえるかも知れませんが、気付かなければただ腹を立たせるだけです。

このような手段を取る男性は、弱みを見せることが苦手で見栄っ張り傾向が強いので、事前に性質を理解しておくようにしましょう。

 

逆に二人きりでは態度が優しくなる場合は、あなたに好意を寄せていると受け取って良いでしょう。

人前で優しくして好意がバレるのが嫌で敢えてそういう素振りを見せないようにしている可能性が高いです。

大勢の前の方が優しくされるようであれば「優しい性格をみんなにアピール」していることに結びつくので、見込みがあるとは言い難いです。

ただし、二人のときに優しくても弱い部分まで見せてくれるケースは、あなたのことを信頼している証でもありますがその気持ちは好意というよりも友情面に近いものである可能性があります。

 

大勢の前で態度が変わる女性心理

これは自分の方が上だという牽制アピールの可能性が高いです。

相手が男性の時とは違い、好意的な行動から来るものではありません。優越感に浸るために、あなたを貶めている可能性が考えられます。中には、ストレスが溜まっていて誰でもいいから馬鹿にしたいと、発散目的で態度が変わってしまうこともあります。

つまりターゲット(標的)を定めて、そのターゲットの気分を害することで自分のストレスを晴らしたいのです。

なぜそれを二人きりのときはせず大勢の前ではするかというと、二人きりだと反撃をされたり喧嘩になる可能性がある、または微妙な空気になって場が面白くなくなるリスクを考えているからです。

このような女性は他の人からも嫌悪されていることが多いので、特に気に病む必要はありません。

 

逆に二人きりでは態度が優しくなるのは、気に掛けていて「もっと仲良くなりたい」という気持ちの現れです。あなたを気持ち的に頼っているとも取れます。

ですが大勢の前では打って変わって偉そうな態度に変わるようであれば、それは非常に虫の良いことですから、仲良くするのであれば少し考えるようにしてください。

そういう人物でも少なくともあなたを友達としていてほしいと思っていますし頼りにはしてるので、相手の意図を汲んだ上でそれを良しとするのであれば、それはそれで良いのではないかとも思います。

ですが、決してあまり信用できる人物ではないのでそこは気を付けてください。

 

困ってるときの対処法

二人きりのときと大勢で態度が違う人にうんざりしてるときの対処法としては、以下のようなものがあげられます。

 

<これ以上仲良くならないように距離を置く>

結局信用できる人物ではないとして、うざいの方が強いのであればたとえ二人のときに問題がなくても縁を切るのが良いかも知れません。

 

<迷惑してることをはっきり伝える>

もし二人のときに仲が良くて居心地も悪くないのであれば、大勢の前で態度を変えないように伝えましょう。

どうしても気に入らないなら今のままならもう二人で会わないよとくらいまで言えば、相手が自分のことを頼りにしていれば大いに反省しますから、そのときはもう一度チャンスを与えても良いのではないでしょうか。

 

<刺激しないように、隙を見せないようにする>

少しでも隙を見せるといじってくるようであれば、そもそも隙を見せないように言動に対していつも以上に慎重になることが大事です。

 

<攻撃されていない人の態度を真似する>

いじられない人はいじられない理由があります。

その人達と全く同じになる必要はないのですが、何が理由でいじられないのかよく観察して、考えてください。

もちろんもともとのキャラ的なところもありますが、人間を観察することはどういう人間がどんな印象を周りに与えるかというのもよりわかってくるので、そうすれば色々な意味でプラスになります。

 

まとめ

ここでは女性目線で説明しましたが、男性目線の場合でも大体同じことが当て嵌まります。

ただし女性が男性に好意を抱いている場合、普通は大勢の前で強さを見せてアピールしようとはしないので、その場合は単純に舐められてると考えた方が良いかも知れません。

 

二人きりのときと大勢の前で態度が変わる人も、異性であれば必ずしも問題ではなく、実は逆に好意の表れであるかもしれません。

しかし相手が同性の場合は、単純にストレス発散のターゲットにされているだけの可能性が高いので、人として疑った方が良いです。

平気で悪態をついてくる人は、どちらかというと今の自分の現状に満足していない人が多いです。満たされていないので他者を攻撃し、快感を得ているのです。

ただできればこういう人は避けて生きていきたいですが、社会ではなかなか避けられないこともあります。その場合は、人ではなく何とか自分の方を変えるためにできることはないかと考えるようにしましょう。