明るくてパワフルな印象を感じさせてくれる黄色

そんな黄色の服をよく着る人には、どんな心理が秘められているのでしょうか。

また、黄色が好きで黄色の服を好んで着ている人はどんな性格の傾向があるのでしょうか。

それぞれ特徴を挙げていきましょう。

 

 

黄色好きで黄色の服をよく着る人の心理の特徴

明るく元気な人・もしくはそうなりたい人

黄色には見ての通り、元気を産み出す心理効果が含まれています。

ですから黄色好きで黄色の服をよく着る人の多くは、もともと明るく元気な人か、あるいは今は内気で大人しいけど自分の殻を破り、より前向きでエネルギッシュな自分に変わりたい気持ちを抱いている人になります。

 

話しかけて欲しい

親近感・親しみやすさというように、黄色にはフレンドリーに感じられる心理効果も含まれています。

そのため人と関わりたいという気持ちが強い方ほど、黄色の服を好んで選びがちになります。

ですから黄色の服をよく着ている方は、実は寂しくて周囲に話しかけて欲しいという気持ちが強い可能性があります。

実際にその人物が「寂しがりっぽいな」と感じる人であれば、なるべく声をかけたり構ってあげたら、すごく喜ぶでしょう。

 

可愛くなりたい

黄色には可愛らしいと感じられる視覚効果も含まれています。幼さも含まれており、黄色の服を好んでよく着る理由として、年下扱いして欲しい願望が込められている場合もあります。

そのため可愛い系キャラとして周囲の視線を集めたい、好きな人ができたときにそう思われたいと感じて選びがちになる色です。

特定の人に対してだったり、そもそも色んな人に可愛いと感じて欲しい気持ちがあります。

 

良い雰囲気作りに励んでいる

幸せ、楽しいというように黄色には雰囲気を温和にさせる力も含まれています。

普通は黄色を見て悲しい気持ちを抱いたりすることはありません。

ですから、その日に重苦しい場所であったり、精神的にプレッシャーを感じるような場所に行く予定がある場合、無意識に黄色の服を好んで着ている人はいるでしょう

特にムードメーカーのような役割を担っている人は、自分のキャラ的な立場から自然と黄色の服を着ることが多くなっていたりします。

 

 

黄色好きで黄色の服をよく着る人の性格の特徴

ユーモア溢れるムードメーカー

黄色の服をよく着ている人は、得てして黄色の性質である雰囲気を温和にさせる力の持ち主であり、面白いことを連発して周りの人を笑わせるというような、茶目っ気のある方である場合が多いです。

場にいるだけでみんなを和ませられるムードメーカーとして重宝されているでしょう。

もちろん若干滑ったり、暴走気味になっていじられキャラになってしまうこともありますが、凍りついた場の空気を入れ替える等は得意な性格です。

 

空気を読めない

黄色の性質は確かに明るくてムードメーカーのような素晴らしい面がありますが、その一方で自分が面白いだろうと感じたことは何も考えずに言ってしまったり、面白半分に余計なことを言って相手を不快にしたり、場の雰囲気を乱したりしやすい性格的要素でもあります。

なので、空気が読めない人というレッテルを貼られることもあるでしょう。

ただこういったところも別に天真爛漫であるとして癒されるという人もいますし、そこまで問題視する必要はないです。

しかし怒りっぽい人や心にあまり余裕のない人だと恐らくかなりご立腹になるので、注意しなければならない相手に対しては自分の発言に対して神経質になるようにしてください。

すぐ感情的になる人の心理と恋愛・仕事での対処法12選

 

子供っぽい性格

黄色好きで黄色の性質が強い人は、大人であってもどこか子供っぽい方が多いです。「遊ぶときは本当に楽しそうにしている」「好きなことには何時間も没頭する」「好奇心旺盛」「感情を表に出す」というような子供心をいつまでも持ち続けています。

いわゆる童心ですが、こういうタイプは親近感を感じてもらいやすいですし、非常に人から好かれやすいです。

しかしその一方で、子供のようにわがままであったり、感情任せに振る舞って周囲の人を振り回しているようではもちろん嫌われますし、信用もなくなってしまいます。

子供心の良い部分は大切にしつつ、きちんと責任感ある人物になれるように努力しましょう。

 

好奇心旺盛

これも童心のうちの一つに含まれますが、黄色好きの人は得てして好奇心旺盛です。友人がハマっていることは自分も好きになりたいと思ったり、身近なきっかけを元に興味を持ち始めます。

ですが飽きっぽい性があるのは玉にきず。次に興味を持つ物事が出てきたら、今ハマっているものから遠ざかってしまう傾向も伺えます。

まさに子供のようですね。

 

まとめ

黄色には無邪気さ・元気・可愛さ・楽しさといった子供のような心理的イメージがあるので、黄色の服が好きでよく着る人の多くは、もともとこういった性格の人か、あるいはこれらの性質を求めている人になります。

また、寂しくて誰かに相手をしてほしい、という気持ちの人も好んで着るところがあるので、それほど子供っぽくないのに黄色の服をよく着ている人がいたら、積極的に話し掛けてみましょう。

 

ちなみに、現代社会はストレスに追われて多くの人が童心を完全に忘れてしまっているので、黄色の服を着ることは意外と人生に大きな意味をもたらす可能性があるのではないかと私は思います。

確かに黄色というのは派手で子供っぽく、大人が着るには恥ずかしいと感じる人もいるかも知れませんが、だからこそ心理的に影響も大きいとも言えるでしょう。

現在さまざまなしがらみの中で疲弊している人は、気分転換も兼ねて一度休みの日に黄色の服を着てみたら、面白い心の変化があるかも知れませんよ。