お調子者と評される人がいますが、これは一体どんなタイプの人種なのでしょうか。

よく聞く言葉ですが、改めて考えてみると意外とわからなかったりすると思います。

そこで本記事では、お調子者な性格の人の特徴と心理、対処法(子供や彼氏がお調子者のケースを含む)について取り上げていきます。

 

 

お調子者な性格の特徴と心理

コミュニケーション能力に優れている

お調子者な人にはフレンドリーな一面が見られるので、警戒心を抱くことなく気さくに話すことが出来ます。

人見知りするということがあまりなく、考えるより先に行動に出ることもあります。話題もスラスラ口をついて出るので、飽きが来ない面白い方とも言えるでしょう。

ですが、その一方で話す相手の機嫌を読み取ることは少し苦手なので、相手が話し掛けて欲しくないタイミングで声をかけてしまった。という場面もよく見られます。

 

口が軽い

お調子者は得てして「秘密にしていてね」と話を受けても、そのまま黙っていることが苦手で、誰かに話してしまうことがあります。

評判を落とそうと企んでそのようなことをしているわけではなく、気持ちの勢いに負けて言ってしまうのです。

なので秘密を打ち明けた方は「話さなければよかった」とご立腹になることもあるでしょう。

気持ちが高まれば高まるほど、色んなことをベラベラ喋ってしまうので、余計なことまで相手に情報として伝えやすいです。

 

出来もしないことを簡単に口にする

お調子者は「宇宙飛行士になる!」「明日から毎日ジョギングする!」というように、出来もしないことだろうが頭に浮かんだことであれば口にする傾向があります。

三日もすれば宇宙飛行士になる夢も忘れていたり、ジョギングも初日でギブアップする羽目に。後先考えず、取り敢えず言っておくことが大切。というように、口にすることから始まるのです。

いざ突っ込まれたら、逃げ場がなく黙るなど当初の勢いが嘘のように消える方もいます。

 

褒められると他のことに意識が回らなくなる

お調子者はお世辞でも褒められたら図に乗り、今行なっていることにまで頭が回らなくなり、動作が止まってしまいます。

そして「何やってたんだっけ」と我に返った頃には後の祭りとなることも。ついつい浮かれ過ぎてしまうのです。

他人の言葉で調子が付きやすく、褒められたいが為に動いている節があるでしょう。ただし、それが今ちょうど取り組んでいることであったりすれば、実力以上の結果を出しやすい人でもあります。

しかしながら、逆に少しの批判の声に対しては、消極的になる特徴も秘めています。単純な部分が見受けられるのです。

 

嘘がつけない

お調子者の性格の人は何か嘘をつこうと企んでも、性格上嘘を突き通すことはなかなか難しいです。

表情、仕草から悟られてしまうこともあるほどでしょう。なので最初から無理な嘘はつかないと考えていた方が良いです。

隠しているつもりでも、やはり場に飲まれてしまえば自分からつい言ってしまうなど、おっちょこちょいな一面も見られます。

自分が普段する話では、大きく盛って話すことはあるものの、元から存在しない話を捏造して伝えることはありません。

基本的に意識するとダメになるので、盛って話すのは自然にするので問題ないのですが、嘘を付くのは意識してしまうのでぎこちなくなるのです。

 

 

「勝手にしろ」と言う恋人や上司の意味と心理、対応11選

 

お調子者な性格の人の対処法

【暴走しないように注意の目を向ける】

お調子者は何かきっかけがあるとすぐに調子に乗ってしまうので、得てして勢い任せに行動しがちです。その結果、周りが見えなくなって暴走してしまうこともあるので、周りは注意の目を向けている必要があります。

特にお調子者同士が一緒にいれば、それはもうすごい勢いを見せつけることとなります。

それが良い方向に向けば良いのですが、やたらとうるさかったりしつこかったり、あるいは強引なやり方をして周りに迷惑を掛けるようであれば少しブレーキを掛けてあげなければなりません。

ですが基本的には明るくて楽しい人達なので、飲み会やパーティー等では活躍してくれます。

 

お調子者な性格の子供

【問題行動をしないように見張る】

お調子者な性格の人は、子供に似た部分を持ち合わせています。つまり、子供とはそもそもお調子者なのです。

とはいえ、そんなもともとお調子者の子供の中でも調子に乗るタイプというのは、ブレーキを掛けてあげないと何をするかわからない危険性も秘めています。

周りに良いところを見せようとすごく危ないことをし出したり、やたらと騒ぎ立てて人に迷惑を掛けたりします。ですから、できれば常に大人が見張っているようにした方が良いです。

教育的には、基本的に干渉をせず自由にさせてあげた方が良いですが、さすがにやり過ぎだと感じた場合は止めなければなりませんからね。

あと、褒めたり甘やかしたりし過ぎると調子に乗って暴走を始めるので、その辺も注意が必要です。

 

お調子者な性格の彼氏

【空気を読み、真面目になるときはなる】

お調子者な彼氏というのは、ちょっと優しくするとすぐ付け上がり、浮気等をするようになります。

その理由は、「あっ、この人自分に優しいからちょっとくらい自分勝手なことをしても大丈夫だろう」と考えるからです。

ですから、彼氏がお調子者だと思うのであれば、優しくし過ぎてもいけません。

適度に「調子に乗った行動は命取りになる」ということを暗に示すことが大切になってきます。

ちなみに、これは別に彼氏が不誠実だからというわけではなく、そういう性格だからと考えてください。人間は誰しも自分に甘いところがあります。その甘い部分が、お調子者の場合は表に出やすいのです。

 

まとめ

以上がお調子者な性格の人の特徴・心理、対処法になります。

お調子者は調子に乗りやすいことで、良い方向に向けばより力を発揮できたり、場を盛り上げたりみんなを楽しませたりできる一方で、悪い方向に向くと周囲に迷惑を掛けたり、自らを危険に晒したりしてしまいます。

このようにお調子者は他の性格と同じように一長一短なので、もしも他人にお調子者と指摘されても、そこまで凹む必要はありません。わざわざ直そうとしなくても良いので、良い部分を伸ばし、悪い部分をなるべく克服していくように努力しましょう。