弾けるような元気な印象を与えてくれるオレンジ色。後ろ向きな印象はあまり感じず、どちらかと言えば好かれやすい色ではありますね。

それでは、このオレンジ色の服が好きでよく着る方は、どのような心理と性格の特徴を携わえているのでしょうか。

 

 

オレンジ色の服が好きでよく着る人の心理の特徴

陽気な印象を与えたい

オレンジ色には、太陽のように明るい印象を持つ心理効果が含まれています。

なので大人しい性格の方でも、オレンジ色の服を着れば陽気な性格だと感じられやすいです。できるだけ明るくありたいと思っている人が好んで選びやすいと言えるでしょう。

また、元々の性格が明るい方がオレンジ色の服を着れば、そのもともと持っている明るさが強調されます。賑やかに場を盛り上げたいという時にこそ、適した色です。

 

親近感を感じたい

親しみやすさ、親近感を覚える心理効果もオレンジ色には含まれています。

ですからオレンジ色の服を着ていると、初対面であっても声をかけやすく、打ち解けやすくなります。

また、オレンジ色は万人ウケしやすいというところもポイントです。見ていて不快に感じる人もあまりいません。

なのでオレンジ色の服を好んで着る方は、他者と早く親しくなりたいという心理があると考えられるでしょう。

 

良い人という印象を与えたい

オレンジ色には基本的に負の感情を感じさせる心理効果は含まれていないので、相手には良い人という印象を与えやすいです。

なので例え失言をしてしまっても「仕方ない」と受け流してもらえるような、そんな順応性が感じられます。

ですからオレンジの服が好きでよく着る方は、なるべく相手に敵意を持たれたくない、仲良くしていたいという心理があったりします。

あるいは、元々の良くないイメージを払拭したいと心の内で考えているところがある場合もあります。

 

健康的に見せたい

健康的・丈夫・たくましい等、オレンジ色からは病弱な心理イメージは連想させられません。

なので例え風邪をひいていても、「直ぐ治る」「元気になる」というように、必要以上に心配をかけてしまうことが少ないです。

内面的にも元気をもらえるので、元気でいたい・健康になりたい・気合を入れたいという気持ちが強い人が好んで着る色の服であり、また自分があまり元気でないときに着ると効果を得やすい色になります。

 

 

オレンジ色の服が好きな人の性格の特徴

人と関わることが好き

オレンジ色の服が好きな人は、一人でいることはあまり得意ではなく、誰かと常に一緒にいたいというように、人と関わることが好きな性格的な資質を備えています。

たまの休日でも友達を誘って出かけるというように、アグレッシブな方でもあります。また、誰とでも馴染みやすいので、知らずのうちに相手の警戒心を解いているということも珍しくはないです。

玉に瑕なのが誰にでも良い顔をするので、八方美人だと思われてしまうこともあるでしょう。ですが憎めない性質も秘めているので、世渡り上手な方とも言えます。

 

リーダー役を買って出る

オレンジ色の服が好きな人はエネルギッシュであり、脇役よりもみんなを引っ張っていくリーダー役を選びがちで、主役になりたがるような性格的特徴を持つ人も多いです。

確かに一つ一つ言葉にパワーがあり、周りも迷わず付いて来やすいタイプなので、リーダーに向いている面はあります。

しかしその一方で、得てして視野が狭くなりがちで、時には独りよがりになってしまうケースもあります。

そんな状態になったときの対策として、まとめ上手で冷静な人と一緒に行動すれば、自分の良さを存分に活かしやすいでしょう。

 

明るくてノリが良く、ポジティブ

オレンジの服が好きな人はユーモアがあり、場の空気を盛り上げてくれるような性格的な資質を備えています。

調子が乗ればつい声が大きくなるというように、とにかく元気でノリが良いです。

ただし、そのノリの良さを他人に強要することもあるので、人前で色々するのが苦手な人にとっては近付いてきてほしくないこともあるでしょう。

また、考え方は前向きなタイプなので、嫌な経験も直ぐに記憶から消すことが出来ます。

ちなみにこちらの色も陽気な性質を秘めています。

黄色好きで黄色の服をよく着る人の心理と性格の特徴8選

 

ノリと勢いに任せて生きている

オレンジ色の服が好きな人はノリで生きているようなタイプが多く、勢いで決断・行動をするなど、じっくり考えることをあまりしません。

そのため、もともと自分が得意なことであれば、あまり考えなくてもうまくいくのでその実力がさらに活きたり伸ばせる可能性があります。

しかしその逆に苦手なこととなると同じ失敗を繰り返したり、周囲を振り回して大きな迷惑を掛けたりするケースの方が多くなります。得てして行き当たりばったりになりがちです。

 

断ることが出来ない

オレンジ好きな人は八方美人で良い格好しいなところがあったりするので、それと前述のノリが相まって得てしてNOと言えない(YESと言ってしまう)性格の方も多かったりします。

そのため、頼まれ事を引き受けたは良いけど後になって大変な思いをしたり、結局対応できずに逆に相手に迷惑を掛けてしまうこともあります。

傍から見たら良い人ではあるのですが、どうも不器用で損をしてしまうところも見受けられます。

 

まとめ

オレンジ色は明るい・ポジティブ・陽気・健康といった心理的イメージがあり、オレンジの服はもともとこういった性質の方、あるいはこういった性質を持つ性格に憧れている人に好んで着られます。

しかしその一方で、全てノリで乗り切ろうという強引な考え方をする性質もあるので、もともとそれで痛い目を何度も見てきて悩んでいる人は、紫・青・グレー・黒等のもう少し落ち着いた色の服を選んで着るようにしてみたらいかがかと思います。

逆に自分がいつも考え過ぎで困っているという人は、オレンジ色の服を着ることがそんな自分を変える一つのきっかけになる可能性はあるでしょう。